復縁で電話を使うのはあり?有効的な使い方とNGな使い方を理解しよう

  • 2021年6月26日
  • 2021年6月25日
  • 復縁

元彼への復縁の気持ちが高まれば「電話をして気持ちを確かめたい」「電話で彼の声を直接聞きたい」と思うことがあるでしょう。メールやLINEなど便利なツールはありますが、直接会うことに近い電話は、声のトーンや会話が進むことから、復縁への気持ちを伝えるだけでなく元彼の思いも感じられるアイテムです。

ただし、電話が苦手という元彼はもちろん、どんな環境で電話に出ているかがわからないというデメリットもあります。そうなると電話は、復縁の可能性を下げるリスクになってしまいます。電話には、復縁に向けてプラス、マイナスどちらの要素もあるといっていいでしょう。

そこで今回は、復縁に効果的な電話の使い方やテクニックをご紹介。電話の持つ長所を生かせば、復縁成就に向けて前進間違いなしです。

『当たる!!』
と叶美ルイ先生ののLINE占いが今だけ無料!

☑復縁の可能性はあるの?
☑どうしたら復縁できるの?
☑彼はどう思っているの?
LINE友だち登録をするだけで
無料で占います!
※LINE友だち登録ページが開きます。

復縁で電話はあり?電話を使うメリット

復縁を叶えるための方法として、電話には良い効果と悪い印象を与えてしまうといった両面があります。まずは、電話で復縁の気持ちを伝えるメリットの方を紹介していきましょう。

復縁の本気度が伝わりやすい

LINEやメールとさまざまな気持ちの伝え方はありますが、気持ちの温度を伝えるという意味では、直接会う以外で電話にかなうものはありません。上手く使えば復縁にプラスとなるアイテムなのです。

電話であれば、話の流れの中で復縁話を口にすることができます。文字だけだと、妙に硬い文章になってしまったり、復縁への気持ちを重く感じさせたりしてしまう可能性が高まりますが、電話であれば復縁への気持ちを届けることができるでしょう。

ビジネスの場合は、やり取りが残る文書で残すのが常識ですが、恋愛や復縁は2人に限った人間関係。感情を乗せた言葉が必要なのです。その意味では、復縁したいという本気度が伝わりやすいメリットが電話にはあるといえるでしょう。

元彼が脈ありかどうかを見極められる

電話は復縁したいというあなたの気持ちが、直接伝わりやすいのはもちろんのこと、元彼の復縁に対する反応を感じられるというメリットがあります。これはLINEやメールでは伝わらないものです。

また、元彼がどんな口調で話してくるかも復縁の可能性を探るには重要な要素。文字のやり取りの場合は修正をしながら打つことができますが、電話は声のコミュニケーションですから、復縁をする気があるのかどうかがそのまま言葉として表れやすいのです。

復縁を叶えたいと思っているときに、もっとも不安をもたせるのが元彼の今のあなたへの気持ち。電話の場合は、元彼がどんな気持ちでいるかがわかりやすいため、復縁への不安を解消させるメリットがあるのです。

復縁で電話はなし?電話を使うデメリット

電話はLINEやメールとは違い、直接的なコミュニケーション。気持ちがわかりやすいというメリットがある反面、上手く使わないと復縁の可能性を下げてしまう場合があります。ここでは、復縁の気持ちを伝えるアイテムとして電話を使う場合のデメリットの方を挙げていくことにしましょう。

緊張して思っていたことが言えなくなる

復縁話を電話でするとなれば、緊張感は高まるもの。付き合っていたときにはLINEなど文字でやり取りしていた場合ならなおさらでしょう。電話をかける前には、何とか落ち着いていたとしても、元彼にとって復縁が突然の告白であれば、その緊張感がうつってしまうこともあります。ぎこちない会話は、印象を悪くしてしまうため、復縁に向けてはデメリットになり得るのです。

相手によっては警戒し、嫌われる

元彼の中で、あなたがすでに過去の人になっていたとしたら、復縁を告白する前に電話番号がスマホに映し出されただけで警戒心を持たれてしまう可能性もあります。

また、たまたま電話に出られずあとで着信履歴を見たときの元彼は、あなたからの連絡内容が復縁と直結しない場合もあるでしょう。

復縁ではなくトラブルに巻き込まれるのでは?と不安を元彼にもたせたり、避けられてしまったりといったことが起こり得るのです。電話での復縁は、あなたの不安を消すこともあれば、元彼に不安な気持ちを起こさせて、復縁を遠ざけてしまう可能性があることは忘れないでおきましょう。

復縁で電話を効果的に使う方法・テクニック

復縁を伝えるためのアイテムとして電話には、メリットとデメリットの両面があることはわかっていただけましたか?ただ、復縁のメリットとなるかデメリットになってしまうか、どちらになるかは電話自体ではなく、その使い方にあるのです。上手く使えば、復縁に向けて電話は絶大な効果を生みます。

では、どのように電話を使えば、復縁のメリットにできるのでしょう。復縁の効果を上げる電話テクニックを紹介していきましょう。

電話をするための理由を用意する

復縁のために電話をするのだとしても、いきなり前置きもなく「復縁したい」と元彼に伝えてしまえば、相手は驚くことがほとんどです。また電話に出られない、留守電になってしまう、出てくれたとしても忙しそうなのが伝わってくる、LINEやメールと違い、電話にはこういうデメリットがあるのです。そんなときに、「また掛けるから」と言いやすくするために理由は考えておいた方が、スムーズに次の電話を掛けることができます。復縁の可能性をつないでいくために、理由は作っておいた方がいいのです。

言いたいことはまとめておく

復縁のための電話を掛ける前に、台本作りをしておくのもアイデアのひとつ。いきなり復縁話をぶつけるより、元彼の気持ちを探りながら進めていきやすくなります。加えて今日の電話で復縁の気持ちを直接言えなくても、これだけは言っておきたいという言葉を箇条書きにしておけば、緊張していても伝え忘れはなくなるでしょう。復縁の電話をする前の、精神安定剤にもなります。

元彼の話はしっかりと聞く

あなたの気持ちは復縁に固まっていても、元彼が復縁を願っているとは限りません、強引に復縁話にもっていけば、相手の不信感を高めてしまいます。せっかくの直接的なコミュニケーションである電話。電話でつながっている間は、声はボール。キャッチボールをする意識をもつのは、復縁を成功させるためには重要なことです。

復縁で電話を使う際のNG行動

復縁話を電話でする場合、してはいけないことにはどんな言動があるのでしょう。復縁の可能性を下げかねないNGワードと行動をチェックしていきます。

自分都合の内容で電話をする

復縁をしたいと思っているのですから、今は当然関係のない他人。冷たいようですが、そう考えておくべきです。もう過去の2人ではないにもかかわらず、復縁話だけでなく、電話で自分の都合の良い内容ばかり話せば、あなたへの印象はがた落ち。復縁どころか電話での連絡も途絶える可能性が高まるので注意しましょう。

意味もなく電話を延ばす

電話で復縁したい気持ちを伝える覚悟をもったとしても、緊張感からなかなか言い出せず、前置きを長々と電話でしてしまうことは考えられます。中身のない話が続けば元彼は「どうして電話をしてきたのだろう」と思うでしょう。復縁をストレートにぶつければいいというものではありません。ただ意味のない電話は、元彼の時間を奪う行為。適度な時間で電話を切れば次のきっかけになりますが、長電話は復縁の妨げになりやすいことは覚えておきましょう。

感情的になってしまう

復縁をしたい気持ちが、感情的な言葉を生む可能性もあります。相手の反応が鈍いからといって、復縁を迫ってしまえば、元彼が感情的な人なら衝突を生むでしょう。冷静なタイプなら引いてしまい復縁を遠ざけることにもなりかねません。復縁を願っているのですから、冷静になるのは難しいかもしれません。ただ、感情を抑え気味に・・・という意識でいるぐらいが、復縁を成功させるためにはちょうどいいのです。復縁への思いは熱く、言葉は冷静に・・・を心掛けましょう。

復縁で電話は使い方次第!

直接会えば、言えないことも電話でなら言えるということは、復縁に限らずよくあります。またLINEなど文字よりも、感情が伝わる電話は、上手く使えば復縁に向けてメリットになることも多いのです。気持ちを伝える手段として電話は、絶妙な距離感をもつアイテム。復縁にむけて、上手に使っていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>チャット占い amory

チャット占い amory

「占いで、恋愛をもっと楽しく。」amoryは、恋愛占いに精通した占い師とオンラインチャット上で会話しながら悩みを相談することができる登録完全無料のサービスです。