【元彼に振られた】よりを戻すには?復縁するためにとるべき5つの行動

  • 2021年6月29日
  • 2021年6月28日
  • 復縁

「彼氏に振られたけど、よりを戻したい!」
「まだ好きなのに・・・。よりを戻したい!」

大好きな彼氏に振られたとあれば、なんとしてもよりを戻したいと思う方もいるかと思います。中には、元彼から説明もなく、急に別れを告げられて、釈然としていない方や言い合いや喧嘩になり感情的に別れを切り出された方もいるかもしれません。

そして、まだそんな大好きな彼に気持ちがあるのであれば、よりを戻したいと思うのは当然のことです。しかし、気持ちだけではよりを戻すことはとても難しいです。

そこで、今回は元彼に振られた方に送る「よりを戻すための方法」をご紹介していきます。

『当たる!!』
と話題のLINE占いが今だけ無料!

☑復縁の可能性はあるの?
☑どうしたら復縁できるの?
☑彼はどう思っているの?
LINE友だち登録をするだけで
無料で占います!
※LINE友だち登録ページが開きます。

振られた元彼とよりを戻すための5つの方法

早速ですが、振られた元彼とよりを戻すための方法について、5つご紹介していきます。

別れ方や別れた後の関係性によって、よりを戻す方法は三者三様になります。その中でも、基本となる5つの方法ですので、ぜひご覧ください。

よりを戻すための方法1.別れを素直に受け入れる

元彼と別れてすぐの方でこの記事を読んでいる方であれば、まずは振られたことを素直に受け入れることから始めましょう。

もし、別れてから期間が経ち、直後のタイミングで別れを素直に受け入れられなかったという方もいるかもしれませんが、そんな方も安心して、次の方法から試してみてください。

「よりを戻すための方法なのに、別れを受け入れちゃうの?」と思った方もいるかと思いますが、「ピーク・エンドの法則」という心理学はご存知でしょうか?

「ピーク・エンドの法則」とは人がなにかに印象を持つのは「ピーク」と「エンド」が重要という心理学です。
例えば、学生時代のことを思い出すと修学旅行や運動会・体育祭などのイベントの記憶(ピーク)や卒業間近の受験勉強のことや卒業式での友だちとの別れ(エンド)を思い出す方はいるのではないでしょうか?

この法則は、復縁に置いても同じです。

元彼の中で、エンドとなる別れのタイミングで、素直に受け入れることで好印象を抱かせることができます。そして、元彼の中であなたへの印象は、プラスにすることが出来ます。

別れを告げられたタイミングで素直に別れを受け入れるのは難しいかと思いますので、そのあとに「別れたくない!」などのラインを送ってしまったり、電話をたくさんかけたりするのはやめましょう。

よりを戻すための方法2.元彼への感謝と謝罪を伝える

振られた元彼とのよりを戻したいと思っているのであれば、別れた後のタイミングで感謝と謝罪の気持ちを伝えてみてください。

別れた後、元彼はあなたからの連絡が来れば「別れたくない!」という連絡だろうと予想をしているところに、感謝と謝罪の気持ちを伝えることで、意外性と好印象を抱かせることが出来ます。

別れてすぐであれば、元彼の意志も固く即効性はあまりないですが、元彼があなたとの日々を懐かしむことがあれば、元彼があなたに抱いている印象はとても効果的です。

しかし、「振られたのに何を感謝して、なんて謝ればいいの?」と思っている方もいるでしょう。

感謝は「一緒に入れて楽しかったよ、付き合って楽しいひと時をありがとう」などの付き合っていた時の楽しかった思い出や時間を感じてもらえるようにしましょう。

謝罪は、もしあなたに非がない場合も、元彼から振られた理由を考えて伝えてみましょう。例えば、「いつも頑張っていたあなたを支えることができないで、ごめんね」や「いつも甘えてばっかでごめんね、男らしくて頼りになるあなたに」など。

感謝では楽しかった時間を謝罪では彼のすごい部分を褒めてみましょう。

こうすることで、元彼はあなたに好印象をいだき、逆にこんないい女性を振ってしまったと後悔させることが出来ます。

よりを戻すための方法3.冷却期間で距離を置く

感謝と謝罪の言葉を伝えたら、彼との距離をとるようにしましょう。

付き合っていた2人が別れることで、振られたあなたも、あなたをふった元彼も大きい、小さいはあれど心に傷を負っています。ここで、無理をして、よりを戻そうとしたり、連絡を取ろうとしてしまったりすると、よりを戻す前に、悪化しかねません。

まずは、傷を癒やし、冷静になれるように冷却期間をとるようにしましょう。

一般的には3ヶ月ほどの冷却期間を設けるとよいと言われておりますが、冷却期間のまえに感謝と謝罪の言葉を伝えているのであれば、2ヶ月ほども十分でしょう。

関連記事

「元彼と復縁したい」と思って、すぐ行動に移してはいけません。焦って行動してしまうと復縁ができずに、後悔してしまいます。まずは、焦る気持ちを抑えて、しっかりと冷却期間を設けましょう。「冷却期間って必要?元彼に好きな人ができる前[…]

関連記事

復縁をしたいと思った人において、多くの方が耳にするのが「冷却期間」かと思われます。しかし、冷却期間といってもどれくらいの期間が必要なのかわかりにくいです。そこで、この記事では、冷却期間がどれくらい必要なのか、冷却期間中の男性心理[…]

よりを戻すための方法4.振られた元彼を受け入れる

冷却期間が終わったくらいで、振られた元彼から連絡がくることがあります。もし、連絡が来ないようであれば、あなたの方から簡単なメッセージを送ってみるなどしてみましょう。

冷却期間が終わったことで、ここからはよりを戻すための本格的な行動の部分になってきます。

実際によりを戻すための具体的な方法は、振られた元彼の性格を知っているあなたが考えたほうがいいかと思いますが、その際に意識してほしいことが「振られた元彼のことを受け入れる・許すこと」です。

元彼に振られた時に受けたショックや心の傷などは当然あるとはおもいますが、その振られたことを受け入れてあげないことには、始まりません。

そして、寛大な心で彼と向き合うことができれば、振られた元彼とよりを戻すきっかけになってくるでしょう。

よりを戻すための方法5.友だちとしての関係性回復

元彼とよりを戻すために、目指すべき元彼との関係性は「友だち」です。

当然ながら、よりを戻して彼女になることがゴールではありますが、振られた元彼とより戻すにはまずは「友だち」になることを目指しましょう。

「彼の方から振られた」ということは、彼にはあなたに対して、何かしらの振らなければいけない理由があったはずです。そして、その理由は、元彼があなたへの不信感を抱く可能性が大いにあります。

そのため、ここまで振られた元彼からあなたの印象をよくできるような方法をご紹介してきました。

そして、さらに友だちという関係性になろうとし、なることで、あなたへの不信感を打ち消すことができ、逆に信頼してもらうことが出来ます。

信頼関係を取り戻すことができれば、一度は付き合った2人ですからよりを戻すのも一気に現実味を帯びるようになります。

関連記事

元カレと復縁したいと悩む女性は多いでしょう。ですが復縁する方法は簡単に見つかりませんよね。そこでお勧めしたいのが「友達からスタートすること」。友達から始めれば元カレの近況を知りやすいです。自分磨きしてより魅力的になった姿を見[…]

振られた元彼とよりを戻すには

「彼氏に振られた」という状態から元彼とよりを戻すには、元彼からの信頼感を回復させていくことが重要です。

そのためには、元彼からのあなたの印象を良くする行動や言動を心がけるようにしましょう。その先には、友だちとして関係を築いていくようにすることで、元彼からの信頼を回復することが出来ます。

回復できた際には、元々は恋人同士だったあなた達だからこそ、もう一度よりを戻すことができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>チャット占い amory

チャット占い amory

「占いで、恋愛をもっと楽しく。」amoryは、恋愛占いに精通した占い師とオンラインチャット上で会話しながら悩みを相談することができる登録完全無料のサービスです。