元彼と復縁できるラインの例文を紹介!NGな例文もご紹介

  • 2020年10月18日
  • 2021年5月6日
  • 復縁

復縁をしたいと思っても、彼と直接話すのはハードルが急上昇します。
緊張もしますし、今まで通り話せるかもわからないです。そもそも、相手の事情や気持ちもあるので、会えるかどうかもわかりません。

そんな話せない時に活躍するのが、LINEです。

しかし、「LINEで何て言えばいいの?」「このメッセージ大丈夫かな?」と心配になることもあります。

そこで、今回は、復縁を叶えた人が元彼に「復縁したい」と思わせたLINEの例文とNGな例文をご紹介していきます。コピペして使ってみてください。

『当たる!!』
と叶美ルイ先生ののLINE占いが今だけ無料!

☑復縁の可能性はあるの?
☑どうしたら復縁できるの?
☑彼はどう思っているの?
LINE友だち登録をするだけで
無料で占います!
※LINE友だち登録ページが開きます。

元彼が復縁したいと思うLINEで意識すること

まず、LINEは当人たちのやりとりです。これから紹介する例文を真似るだけでなく、あなたらしさや相手の返信次第で変化していきます。

そこで、反応ができなかったり、間違った事をしてしまうのは良くありません。

そうならないように、まずは、LINEを送る上で意識して、理解して欲しい事を説明していきます。

復縁LINEで意識すべきこと:復縁したいことを匂わせない

最初は、復縁したい事を匂わせない、気づかれないようにしましょう。

以前は付き合っていたと言っても別れてしまったのは事実です。別れた彼女から「復縁したい」という気配を察したら、相手は警戒をしてしまいます。

そうなってしまうと、相手にその気がなければ、いくらLINEをしても避けられてしまい、「復縁したい」と思わせるところまで至りません。

なので、まずは、「復縁したい」という気持ちを抑え、冷静にLINEを送るようにしましょう。

復縁LINEで意識すべきこと:相手のことを気遣ってあげる

前提として、相手はあなたのことを「元カノ」と思っている可能性が高いです。

そこで、返信を催促したり、思ったような返信内容を期待したりするのはやめましょう。

相手が返信してくれているのであれば、あなたは真摯に受け止め、相手のペースでLINEをしましょう。自分のペースでLINEをしてしまえば、相手にとっては、「自分勝手だ」と思われてしまいます。

そうなっては、元も子もありません。そうならないように相手のことを気遣いながらLINEをするようにしましょう。

復縁LINE:最初のきっかけ例文

復縁をする上で冷却期間をしっかりと設けている方が多いかと思います。そこで、まずは、冷却期間後の連絡をとるきっかけとなる最初のLINEについて例文をご紹介していきます。

この際のLINEの送り方は、主に2つの方法があります。

  • 理由をつけて送るメール
  • 理由もなく送るメール

では、実際に具体的な例文を見ていきましょう。

復縁LINEの最初のきっかけ:何の用事もないパターン

「久しぶり!元気?」

「ラインのメンバー見てたら懐かしくなったから連絡してみた笑」

冷却期間をしっかりととっていれば、このような気軽なメッセージを送ることがベストとなります。

メッセージを受け取った相手からしても、「久しぶりに連絡きたな〜」くらいで警戒をされることもないでしょう。

また、相手も「元気だよ!そっちはどう?」と返信がしやすくなりますので、最初のメッセージに困っていれば、このような簡単なメッセージを送りましょう。

間違っても、一方的な長文のメッセージはしないようにしてください。

復縁LINEの最初のきっかけ:共通の知り合いの質問LINE

「久しぶり。元気かな?ちょっと聞きたいことがあるんだけど、●●さんの携帯番号が変わったみたいで知っていたら教えてくれないかな。忙しいところごめんね。」

最初のきっかけLINEとしては、警戒されないことが大事になってきます。

そこで、連絡の理由が明確なLINEを送りましょう。ポイントは、「自分」「相手」のことではなく、第三者である友人のことについて聞くのが良いでしょう。

そうすることで、相手も警戒することなく、返信してくれます。

復縁LINEの最初のきっかけ:忘れ物LINE

「久しぶり。元気かな?ちょっと聞きたいんだけど、最近、仕事でどうしても昔の書類が必要になったんだけど、もしかして捨てちゃったかな?捨てたなら捨てたでいいんだけど教えてくれると助かります。」

復縁したい人との間で、貸し借りをしていたり、お互いの家に行っていたことがあれば、このようなLINEは自然です。

また、例文以外にも、借りているものがあるのであれば、「返したほうがいい?」というLINEも同様に使うことができます。

できる限りこの場合は、理由をつけて送ってあげましょう。

復縁LINE:返信に対する返信

きっかけがあって、LINEができるようになっても、その後の返信で気を抜いてしまうと相手に警戒されてしまったり、負担をかけてしまいます。

そこで、相手からの返信に対する返信について、解説していきます。

基本的には、あなたらしく返信をすることで問題はないので、いつも通りの自然体でLINEをしましょう。

ただ、好きな人からのLINEが来ることはとても嬉しいかと思いますし、返信が来なかったとしたら、落ち込むかもしれません。

そこで大事なことは、「一喜一憂しない」ことです。

「返信が来た!すぐ返そう!」とは考えず、あくまで自分ペースで返すようにしましょう。また、夜であれば、「寝ていて翌日返信する」くらいの気持ちで、落ち着いた状態で返信しましょう。

「寝てて返信できなかった。それで、〇〇のことだけど・・・」

さらに、「返信が来ない!もう一回LINE送ろうかな」と思うこともあると思いますが、そんな時は、LINEを送らず、相手のことを待ってあげるか、違う用事や理由がある時に再度連絡をしましょう。

何度も連絡を送る事で、相手も警戒してしまううえに、「返信求めてきた、めんどくさ」と思われてしまい、その後の連絡が取りにくくなります

復縁LINE:より親密になるための駆け引き例文

続いては、LINEはできるけど、踏み込んだ話題や混み入った話題をできずに、関係が進展せずに止まっている方に向けた例文です。

思い切って電話をしてみるのも良い方法ですが、電話となると勇気がいるかと思いますので、まずLINEで関係性・距離感を縮めてからにしましょう。

ここで大事なことは、過去のことを忘れて、友人としてフレンドリーにすることです。そして、相手の感情がプラスに動かされるようなLINEを送るようにしましょう。

復縁LINEの駆け引き例文:共通点や趣味の話

「そういえば、●●とかまだやってるの?」

 

「そういえば、仕事の調子はどうなの?」

以前付き合っていたあなただからこそ知っている話をしてみましょう。

このときに、「そういえば」とつけることで、以前のことは過去に流している、というニュアンスが伝わります。

その後に、相手の趣味や仕事、お互いの共通点についての話題を提示してみましょう。
そうすることで、相手も話しやすく、気軽に返信がしやすくなります。

復縁LINEの駆け引き例文:どうでもいい話からの踏み込んだ話

「そういえば▲▲さんっていたよね。あの子、彼氏ができたらしいよ。●●は彼女とかできた?」

どうでもいい話というのは、相手自身に関係のない話で、そのあとに相手に関係する話にすることで、相手に心理的な負担をかけることなく踏み込んだ話題をすることができます。

今回の例文であれば、▲▲さんの話題から派生して、「恋人がいるかいないか」の話題にすることができますので、是非試してみてください。

復縁LINEの駆け引き例文:お願いLINE

「●●ってパソコン詳しかったよねちょっと聞きたいんだけど✖️✖️ってどうやるかわかる?」

相手が得意な話題や好きな話題でお願い事をしてみましょう。

相手も得意なことであれば、親身に教えてくれるでしょうし、警戒心なく返信がしやすいです。

さらに、お礼LINEも送るまでがワンセットなので、長期間連絡をすることができます。
お礼では、「ありがとう!助かりました!今度、お礼にご飯おごるね!」と言ってみることで、デートの約束も取れる可能性があります。

関係性がそこまで深まっていないのであれば、「会うのはきまずいか笑」などと、言葉を添えてあげることで、相手も警戒心を弱めてくれることでしょう。

復縁LINE:送ってはいけないNG例文

ここまでは、相手とやりとりしたり、関係性を深めたりするための例文をご紹介してきました。

しかし、そのやりとりのなかで、送ってはいけないLINEを送らないように注意しましょう。

ここからは避けるべきLINEの内容やその例文について、ご紹介していきますので、よく読み、注意して連絡をするようにしましょう。

復縁LINEのNG例文:催促メール

「なんで返信してくれないの?」

 

「なんで連絡してくれないの?」

まずは、LINEの催促をすることはやめましょう。

連絡が相手から来なかったり、返信が遅かったりするような状況で、このようなLINEを送ってしまうと、相手は「嫌悪感」を抱く可能性があります。

相手に、自分の希望や期待をおしつけるようなことはやめましょう。

復縁LINEのNG例文:重すぎるLINE

「嫌いにならないで。何でも言うとおりにするから…お願い」

「私・・・死ぬ!!」

こんな感じの重いLINEを送るのはやめましょう。

相手の気をひくことはできますが、ネガティブな内容で関心をひくことは好ましくありません。

相手からしても、一時的に心配はしますが、「重いな」「めんどくさいな」と思われてしまい、その後の連絡が一切取れなくなる可能性があります。

復縁LINEのNG例文:世間話LINE

「おはよう^^今日は天気が良いよね!仕事はお休み?」

 

「わたしは●●してるよ!」

付き合っている関係性でもない状態で、世間話をするのはやめましょう。

相手も「なんでこんなこと聞いてくるんだろう?」と警戒心を持ってしまいます。さらに、「なんて返せばいいんだろう」「だから、なに?」と思わせてしまうことになり、相手から良い印象を持たれにくくなります。

復縁LINE:まとめ

ここまで、復縁LINEのシチュエーション別の例文を紹介してきました。

冒頭でもお伝えしたように、「復縁したい」気持ちを勘づかれないようにすることが重要です。

あくまで、友人のような感覚で連絡をすることでよりよいやりとりが取れます。

LINEしたい気持ちはある程度抑えて、送るべき話題か送っても相手を困らせる話題かをしっかりと見極めてLINEをしましょう。

大事なのは、相手への思いやりや気遣いとなりますので、それを意識して連絡してみましょう。

『スピリチュアルの力で恋を叶える』人気占い師「神代蓮(カミシロレン)」先生

複数占いサービスにて人気トップを独占。リピーター続出の人気占い師。思念伝達というスピリチュアル鑑定を使用し、誰もが諦めてしまうような複雑愛や復縁、片思い等の悩みを解決に導く。 恋愛について悩みや不安がある方は一度は絶対に試して頂きたい占い師です。

神代蓮先生への感謝の声・口コミ

20代 女性
口コミを見て鑑定をご依頼しました。 チャット占いは正直あまり当たった試しが無かったので初めは半信半疑でしたが、実際に受けて見るとその凄さが分かりました。ここまで的中することも今まで無かったので凄すぎます。 先生の鑑定のおかげで本当に彼との関係がよくなっています!
30代 女性
神代先生には定期的にお願いをしております。 色々な先生にお願いをしてきましたが、一番私たちのことを理解してくれていると感じます。とてもフレンドリーな感じで話しにくいことでも先生にはなぜか話せてしまうんですよね。 先生のアドバイスに本当に助けて頂いています。
最新情報をチェックしよう!
>チャット占い amory

チャット占い amory

「占いで、恋愛をもっと楽しく。」amoryは、恋愛占いに精通した占い師とオンラインチャット上で会話しながら悩みを相談することができる登録完全無料のサービスです。