別れてから1ヶ月で復縁できる?1ヶ月で復縁できるカップルの特徴と条件

元彼と別れてから1ヶ月。

「なんで別れてしまったのだろう」「別れることになるのならあんなこと言わなかったのに」「別れたくなかったのに」

こんな風に思ったことはありませんか?でも、「別れてすぐに復縁なんて都合よすぎるよね」と復縁に踏み出せずにいる方も多いかと思います。
そこで、今回は別れてから1ヶ月で復縁を成功させるための方法をご紹介していきます。

「1ヶ月で復縁できるの?」と思うかもしれませんが、実際に復縁をされている方は多くいらっしゃいます。そして、その方々には特徴がしっかりありますので、1ヶ月で復縁できるカップルの特徴にも触れながらご紹介していきます。

貴方の元彼への気持ちが本気なら、これを読んで1ヶ月で復縁できるようにしましょう。

1ヶ月で復縁するカップルの特徴

まず、最初に1ヶ月で復縁するカップルの特徴について、ご紹介していきます。
「復縁を1ヶ月でできるなんてありえない」と思うかと思いますが、この実績のあるカップルの特徴を把握することで、あなたが当てはまっている可能性もございます。

特徴:男女ともに感情的な性格

一番多い特徴としては、付き合っていた2人もしくはどちらかが感情的だったという特徴です。

感情的な性格の場合、極端な話をする傾向にあり、喧嘩や気になったことがあるとすぐに別れようとしてしまいます。一時的な感情のため、すぐに別れてしまいますが、数日するとその舞い上がった怒りの気持ちよりも寂しさの気持ちが強くなり、結果的に復縁に至ります。

また、感情的でなくとも一時的な感情が原因となって、別れてしまうカップルは多くいらっしゃいます。突発的な別れの場合、あなたが後悔しているのと同じように相手も後悔している可能性がありますので、1ヶ月以内に復縁する可能性は十分にありえます。

特徴:相手のためを思って別れた

次は、先ほどとは反対で一時的ではなく考え込んだ末に別れてしまった場合です。男女共に、気遣いができ、相手のことを思いやることができる方は大勢いらっしゃいます。

しかし、相手のことを思いやるがために、一方的に別れようとしてしまうこともあります。

「相手を心配させる」「負担をかけてしまう」「期待に応えられない」などの気持ちになってしまい、相手のためを思って別れるという流れになってしまいます。

このような場合、多いのがお互いに感じていること、考えていることを話あわずに一方的な解釈をして、別れを切り出してしまうことです。

そのため、お互いに気持ちが残っていて、冷静になれる1ヶ月ほどの期間を置くことで、お互いにしっかりと話し合いができ、結果として復縁を叶えられる場合が多いです。

特徴:忙しさやすれ違いが原因で別れた

最後は、どちらもせいでもない第3者が原因となる場合です。

一番多いのが、仕事が原因となる場合です。仕事の繁忙期や転職などをきっかけにして、お互いに時間を作れなかったり、連絡が疎かになってしまったりと「付き合っている意味あるのかな?」と疑問が頭をよぎってしまいます。

そのため、「今のままなら別れた方がお互いのためでは」という考えになり、結果的に別れてしまうことがあります。

このような場合、仕事に余裕ができたり、転職が成功したりと状況が落ち着くことで、付き合っていた時の思い出を懐かしみ、復縁をしたいとなります。

結果的に復縁への意識がお互いに生まれていれば復縁をしやすくなります。

1ヶ月で復縁するための条件は?

1ヶ月で復縁するカップルの特徴(特に別れ方)について、ご紹介してきましたが、それ以外でも1ヶ月で復縁する上で大事な条件があります。

ご紹介する条件に当てはまっているようであれば、特徴関係なく1ヶ月で復縁できる可能性がありますので、是非ご覧ください。

連絡を頻繁にとっていない

大事な条件として、連絡を頻繁にとっていないことです。

「連絡をとっていないのに復縁できるの?」と思うかもしれませんが、復縁をする上で連絡をとっていないことは大事なことです。

というのも、連絡をとっている場合、相手にとって復縁を考える気にならないからです。
別れた後の男性の真理として、独り身になったことへの「寂しさ」だけでなく「解放感」を感じています。

そのため、別れたのに頻繁に連絡をしてしまうとその「解放感」が阻害されるので、「別れて正解だったかも」と思われてしまいます。

さらに別れ方によっては、「未練がありすぎる」と思われてしまい警戒されます。そうなってしまうと、将来的な復縁の可能性すらも潰してしまいます。

あなたが復縁をすぐしたいと思っているのなら、まずは連絡を少しやめてみましょう。

お互いに相手に対しての感情がフラット

次にお互いに相手に対する気持ちです。お互いに相手に対して、嫌な感情を持っている場合、復縁するためにはその嫌な感情を上書きする必要が出てきます。

そうなってしまうと1ヶ月で復縁をすることは困難となってしまいます。

特に、相手があなたに対して、嫌な感情を持っている場合、復縁をすること以前に関係を再構築しなければならなくなり、復縁自体がとても困難になってしまいます。

SNSでつながっている

最後の条件として、SNSでつながっているかどうかです。

連絡をとっていなかったり、SNSで絡んでいなかったりしても「つながっている」ことが重要になってきます。
復縁は1人ではできず、相手とのやりとりがあった上で復縁に繋がります。

そのため、SNSでつながっていない場合やブロックされている場合は1ヶ月で復縁をすることは難しいです。

twitterやfacebook、instagramなどの場合、別れてからつながろうとすると、相手に「今頃、なんだろう?」と警戒をされてしまいますので、つながっていない場合は1ヶ月で復縁しようとせずに、時間をかけて復縁できるように準備をしましょう。

1ヶ月で復縁するための具体的な方法

ここまでで、1ヶ月で復縁ができる特徴や条件をご紹介してきました。
特徴や条件に当てはまっていた方であれば、1ヶ月で復縁することは現実味をおびてきます。しかし、当てはまっているだけでは復縁はできません。

そこで、1ヶ月で復縁をするための大事な方法を具体的にご紹介していきます。

まずは冷却期間を設ける

まずは通常の復縁と同様に冷却期間を設けましょう。

冷却期間は1ヶ月ではなく、2週間から3週間ほどで良いので設けるようにしましょう。そうすることで、お互いに別れたことに冷静に向き合うことができます。

さらに、2週間から3週間ほどで男性も「解放感」から「寂しさ」の気持ちが強くなってきます。

相手のあなたへの気持ちがフラットであれば、このタイミングで連絡をすることで返信が返ってきやすくなります。

3週間ほどで何気ない連絡をする

冷却期間が終わったら連絡をしてみましょう。先ほども説明しましたが、男性心理的に、このタイミングであれば返信が返ってきやすいです。

最初の連絡は何気ない「久しぶり!元気?」などの短いメッセージにしましょう。色々と言いたいことや伝えたいことがあったとしても、久しぶりの連絡でたくさんのことを聞かれたり、言われたりするとそれは相手にとって負担となってしまいます。

まずは、簡単なあいさつからはじめて、少しずつメッセージを取りやすい関係を築いていきましょう。

その後のメッセージでは、できる限り相手が「はい/いいえ」で答えにくい質問をするようにしましょう。会話が終わりにくく、その話題について話やすくなります。

用事を作って電話をしてみる

連絡が取れるようになってきたら、なにかしらの用事を作って電話をしてみましょう。

電話が苦手という場合は、少しの時間会う約束をしてみても大丈夫です。相手と電話ができたり、会うことができたりすれば、あなたに対して相手は警戒心がほぼないと言えるでしょう。

自分の気持ちを正直に伝える

ここまでの関係を築けているのであれば、あなたの気持ちやタイミングが良い際に、自分の気持ちを正直に伝えてみましょう。

ここで大事なことは、告白風に伝えるのではなく、しっかりと「好き」「復縁したい」という気持ちを伝えるようにしましょう。正直に伝えることで、あなたの真剣さが相手に伝わります。

また、ここで復縁ができなかったとしても諦めずに、次を意識してみましょう。
良好な関係性であるのは変わりないので、相手があなたの気持ちをわかった上でやりとりをすることで相手が振り向いてくれる可能性はグッと上がります。

1ヶ月で復縁できない場合は?

1ヶ月で復縁するための条件や方法、1ヶ月で復縁したカップルの特徴をご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?
復縁のために、長期間頑張らないといけない場合もありますが、短い期間で復縁することも可能です。そのためには、どんな別れ方をしたのか、お互いがどんな人(性格)なのかをしっかり理解している必要があります。

さらに、別れた後の男性心理を理解しておくことで、ベストなタイミングで元彼と寄りを戻して、復縁をすることができます。

しかし、ここまでですと普通の記事と同じです。1ヶ月で復縁しようとして頑張ってみたが、復縁できなかった場合についてもご紹介しますので、1ヶ月で復縁ができなかったからといって、復縁を諦めなずに頑張ってみましょう。

1ヶ月でどうしても復縁したいなら

1ヶ月で復縁ができなかった場合、多くは相手に断られてしまう可能性が高いです。
しかし、だからと言って相手はあなたのことを嫌いになってしまったわけではございません。

つまり、復縁をするチャンスはまだ残されていますので、安心してください。

1ヶ月で復縁できなかった場合でも復縁を成功させるための方法をご紹介します。

3ヶ月の冷却期間

1ヶ月のタイミングで告白をしているのであれば、次は基本的には3ヶ月ほど冷却期間を設けましょう。
この期間では、「なぜ告白が断られてしまったのか」をしっかり考えて、対策しましょう。

また、3ヶ月の間に相手から連絡がくる可能性がありますが、あくまでここでは我慢して最低限のやりとりで済ませましょう。

こうすることで、相手も「あれ?俺のこと好きなのかな?」と少し疑問に思うでしょう。そして、相手の中であなたをモノにしたいという気持ちが芽生えます。

その気持ちが芽生えた段階であとは、復縁の道が出来てきます。

断れた理由を解消する

冷却期間中は「なぜ断られたのか」を考えるとともに、その理由を解消できるようにしましょう。断られるのには、何かしらの理由があると思うので、自分で思いつく限り、ノートやメモ帳に書き出してみましょう。

そこからその理由を解消できるようにしてみましょう。

例えば、別れてから寂しさで少し太ってしまっていたとします。この場合、痩せられるようにダイエットやジムにいくようにしたり、生活を見直してだらしなさを無くしてみたりと試せることは試してみましょう。

もし、付き合っていた段階で性格などを言われていれば、直せるように意識しましょう。意識している人としていない人では周囲も感じ方も変わってきます。

しっかりと息抜きをする

1ヶ月で復縁をするために頑張った場合、3ヶ月という期間はとても長く感じてしまいます。さらに、辛い気持ちが募ると「復縁したいのかな?」「復縁しないで他の人を。」となってしまいます。

そうならないためにも、3ヶ月もの間、復縁のために張り詰めるのではなく、息抜きをするようにしましょう。自分のやりたいことや自分のためになることなど、なんでも大丈夫です。
復縁を考えない時間を1日の内にしっかりと設けるようにしましょう。

そうすることで、あなたの生活の充実度は上がり、あなたは周囲から見て「楽しんでる」「羨ましい」と思われるかもしれません。しかし、そうなることは魅力が上がっているということです。

息抜きをすることで魅力が上がるというのは不思議な話ですが、事実、そうなりますので、しっかりと息抜きをするようにしましょう。

1ヶ月で復縁をするために

1ヶ月で復縁をするのはとても大変です。

しかし、乗り越えた先には幸せが待っていますので、諦めずに告白はするようにしましょう。

最後に復縁をしていくなかで「彼は何を考えているかな?」「彼は私のことをどう思っている?」「復縁はそもそもできるのかな?」と思うことが絶対に出てきます。

その時に、周囲に相談できる方がいらっしゃるのであれば相談するようにしましょう。

相談しやすい方がいらっしゃらない場合、占い師に相談するのをおすすめします。
占い師は復縁のご相談を多数受けています。そのため、復縁について理解が深く、あなたの相談に乗ってくれることでしょう。

さらに、それだけでなく、占いで「彼の気持ち」や「復縁の可能性」をみることが可能です。あなたの背中をおしてくれるとともに、復縁を成功に導く力をもっていますので、是非相談してみましょう。

チャット占いamoryでは、新規登録者様に対象メニューに使える「3000円分」無料のクーポンをお配りしています。
まずはお試しとして、無料で占いを受けてみませんか?

『スピリチュアルの力で恋を叶える』人気占い師「神代蓮(カミシロレン)」先生

複数占いサービスにて人気トップを独占。リピーター続出の人気占い師。思念伝達というスピリチュアル鑑定を使用し、誰もが諦めてしまうような複雑愛や復縁、片思い等の悩みを解決に導く。 恋愛について悩みや不安がある方は一度は絶対に試して頂きたい占い師です。

神代蓮先生への感謝の声・口コミ

20代 女性
口コミを見て鑑定をご依頼しました。 チャット占いは正直あまり当たった試しが無かったので初めは半信半疑でしたが、実際に受けて見るとその凄さが分かりました。ここまで的中することも今まで無かったので凄すぎます。 先生の鑑定のおかげで本当に彼との関係がよくなっています!
30代 女性
神代先生には定期的にお願いをしております。 色々な先生にお願いをしてきましたが、一番私たちのことを理解してくれていると感じます。とてもフレンドリーな感じで話しにくいことでも先生にはなぜか話せてしまうんですよね。 先生のアドバイスに本当に助けて頂いています。
最新情報をチェックしよう!
>チャット占い amory

チャット占い amory

「占いで、恋愛をもっと楽しく。」amoryは、恋愛占いに精通した占い師とオンラインチャット上で会話しながら悩みを相談することができる登録完全無料のサービスです。