復縁を後悔したくない!復縁で後悔しないようにする方法とは?

元彼との復縁が叶ったあとは、幸せな気分でいっぱいになるでしょう。

もちろんその関係が長く続けば、いうことはありません。

しかし、一度は別れて清算された関係だということは、心のどこかに置いておきましょう。

とくに、復縁直後は強く思っていることが大切です。

ただ、復縁を叶えたという幸せだけに浸っていれば、後悔する可能性が高まってしまいます。

せっかく復縁をしたのですから、後悔はしたくないもの。

そんな復縁を叶えた人が後悔しないためには、どうすればいいのか?その方法を解説していきます。

『当たる!!』
と叶美ルイ先生ののLINE占いが今だけ無料!

☑復縁の可能性はあるの?
☑どうしたら復縁できるの?
☑彼はどう思っているの?
LINE友だち登録をするだけで
無料で占います!
※LINE友だち登録ページが開きます。

復縁後に後悔してしまうのはなぜ?

復縁後に後悔をしてしまうのはなぜでしょう?

別れた後も心に残り、やっとの思いで叶えたにもかかわらず、復縁が叶ったあとにこんなはずではなかったとモヤモヤする気持ちを抱えている人もいると思います。

その理由が何なのかわからなければ、余計に気持ちが晴れず、2人の関係が上手くいかなくなる原因となることもあるでしょう。

そうなると、後悔以上に最初の別れより傷ついてしまいかねません。

まずは、復縁に対しての後悔がどこから来ているかを整理してみましょう。

別れた原因が解消できていない

別れた原因が解消できていないというのは、復縁を後悔する理由として多くみられるものです。

浮気や暴力といった具体的なことで別れるだけでなく、自然消滅であっても疎遠になるにも理由があるもの。

恋が理由なく終わることはないのです。

別れの理由が解消されているかどうかを確認せずに復縁をしてしまうと、一度失敗した経験があるだけに許せなくなってしまいます。

その気持ちが相手に向くだけでなく、自分自身を後悔とともに責めてしまうのがこのパターンです。

寂しや未練から復縁をしてしまった

寂しさや未練からというのも、復縁をして後悔をしやすいケースです。

何かしらの理由があり、別れた2人。

別れた直後は、スッキリとした気分になったことでしょう。

ただ、しばらくして付き合っている相手がいないことに寂しさを感じて、思わず連絡を取ってしまい、もとの関係に戻るのは珍しくありません。

新たに出会い、距離を縮めて付き合いまでもっていくというのは、よほど相性が良く電撃的に結ばれたのでない限り、プロセスがあるため時間がかかるもの。

それが元彼の場合は、省略できます。

別れという寂しさを作った元彼です。

そういう存在ではあるものの、その心に空いた穴を埋めるに最適な人でもあります。

空いた心の穴にピッタリハマる元彼は、最初のうちはしっくりくるでしょう。

しかし、安易な決断は同じことを繰り返すだけということは、覚えておいた方が良さそうです。

失恋した相手を美化していた

失恋した相手を美化していたというのも、よく聞く話です。

人は恋愛以外にも、生まれてから出会いと別れを繰り返します。

そのたびに寂しさや辛さを感じるのですが、やがて記憶は薄れていくのです。

これは人が、傷を癒すための自然な機能。

恋に当てはめれば、別れた後の元彼の短所は薄れ、長所が強調されていくのです。

寂しさという調味料も加わり、心の隙間に意識が行けば行くほど、相手を美化してしまいます。

ただ、復縁が叶うとそれは現実。

一度嫌だと感じた経験がある分、目の前の元彼の短所が気になるのです。

ネガティブな視線を持つため、新たな欠点を見つけてしまうこともあります。

こうなると後悔だけでなく、元彼と自分自身どちらも責めてしまうことになりかねません。

復縁をする前に、自分は元彼のどこが嫌になったのか?問いかけるのは、後悔を生まないためにも大切なことなのです。

復縁して後悔しないようにするには?

復縁して後悔しないようにするにはどうしたらいいのでしょう?

一度は恋人関係を解消した2人。

2度と同じ失敗を繰り返さないためには、別れをネガティブにせずポジティブに活用する必要があります。

別れの原因となった理由から目を逸らすのではなく、その部分も含めて復縁をする覚悟がいるのです。

では、その決断をする前に何をすればいいのでしょう。

復縁をして後悔しないためにすることを具体的に挙げて解説していきます。

話し合いができるようにする

過去の別れたという現実から目を逸らすことなく、小さなことでも話し合いができる環境を作っておくのは大切です。

別れの原因は恋人の数だけあるといってもいいでしょう。

その過去の失敗を反省として活かすのは、恋愛をより幸せなものにする条件であり、人としての成長だといえます。

ただ、新たな出会いから生まれた恋ではない復縁の場合、自分だけが反省してもうまくはいきません。

復縁をした2人は、別れを経験した当人同士。

だからこそ話し合いが大事になります。

復縁が叶ったとはいえ、2人の足もとはまだぐらついたまま。

一度別れを経験したということは、その選択に対してハードルが低くなっているからです。

「腐れ縁」という言葉で表現されるように、くっついたり離れたりしている人たちを見たり聞いたりしたことがあるでしょう。

寂しさを埋めるには良い相手かもしれませんが、「腐れ縁」はお互いの成長を促すより馴れ合いになりやすいのです。

そうならないよう、お互いへの気持ちを以前より強め、別れる前よりも良い関係を築いていくことが後悔を生まない秘訣になります。

そのために必要な条件が、話し合いを持つということなのです。

別れの原因を繰り返さない

せっかく復縁をしたのですから、同じ失敗はしたくないもの。

別れの原因を繰り返さないという強い意思が必要になります。

ただ、これをポジティブにとらえれば、どんなことがトラブルになるかを知っている2人だともいえるのです。

解決するアイデアを事前に考えられる可能性は、復縁の方が高め。

じっくり現実を見つめて話し合えば、以前のように別れてしまうのではなく、長く付き合っていくことができます。

再びの別れによって後悔を生むのではなく、最初の別れを良い思い出として語り合えるそんな2人になれるでしょう。

お互いに対等な関係を築く

お互いに対等な関係を築くのも、復縁を叶えた2人が失敗を糧に長く付き合っていくために必要なことです。

復縁をするにあたって、別れの原因は解消されていなければいけません。

二度と口に出さないくらいの覚悟が必要です。

また、どちらが復縁を望んだかも叶った時点で終わりにしておきましょう。

「もう一度付き合おうといったのは…」と言い始めると、小さなトラブルが大きな亀裂に発展しかねません。

復縁を求めた方も受け入れた人も対等だということを、話し合いのなかで決めておきましょう。

過去を掘り返すのは、復縁をした2人のトラブルのもとになることはお互い自覚しておく必要があります。

相手に期待し過ぎない

復縁に美化はつきものです。

それが錯覚だとしても、相手を美化することは復縁を叶えるためのエネルギーになります。

ただ、復縁が叶ったあと、目の前にいるのは現実の元彼。

頭のなかで描いていた元彼の姿とギャップがあるのは当然です。

それを不満にすれば、再びの別れの原因となります。

自分のイメージを相手に押し付けないようにしましょう。

期待し過ぎず…という意識でいれば、元彼の成長をより喜び、新たな魅力としてとらえられます。

それが後悔ではなく、復縁からの付き合いを長くする秘訣です。

復縁しても後悔しないように

復縁しても後悔しないために必要なことは冷静さです。

冷静になって、元彼を好きだという気持ち以外に理由が見つからないようなら、復縁はやめておきましょう。

寂しさや未練、もう一度振り向かせたいという意地は、後悔や傷を生むだけです。

元彼の気持ちよりもまず確認すべきは、自分の思い。

時間をかけてじっくり考えて答えを出していきましょう。

それが元彼の気持ちを確認する時間にもなります。

もし、本当にあなたとやり直したいと思っているなら、考える時間を元彼は待ってくれるはずです。

最新情報をチェックしよう!
>チャット占い amory

チャット占い amory

「占いで、恋愛をもっと楽しく。」amoryは、恋愛占いに精通した占い師とオンラインチャット上で会話しながら悩みを相談することができる登録完全無料のサービスです。