【復縁の断り方】傷つけずに諦めさせる方法&しつこい時の対処法

別れた元彼から「もう一度付き合いたい」と言われた経験がある人もいるでしょう。

あなた自身も復縁を望んでいれば、元彼と気持ちが同じなのですから問題はありません。

問題なのは、あなたの中でもうすでに過去の人となっている場合です。

別れたとはいえ、一度は好きになった相手ですから、傷つけないような断り方をしたいところです。

とはいえ、あまりオブラートに包んだ言い方をしてしまうと、相手に希望を持たせてしまうので、はっきりと言う必要があります。

特に、いくら断ってもしつこく何度も復縁したいという元彼は、要注意人物です。

愛と憎しみは紙一重。

希望を持たせてから強く断ると、ストーカーに変貌してしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、元彼に復縁を諦めさせるための断り方だけでなく、しつこく復縁を迫られている場合の対処法も合わせて紹介していきます。

『当たる!!』
と叶美ルイ先生ののLINE占いが今だけ無料!

☑復縁の可能性はあるの?
☑どうしたら復縁できるの?
☑彼はどう思っているの?
LINE友だち登録をするだけで
無料で占います!
※LINE友だち登録ページが開きます。

そもそも復縁をしない判断基準

そもそも復縁をしない判断基準とはどこにあるのでしょう?

お互いに好意を持っているから、付き合うというのはシンプルな普通の恋愛の場合です。

一度別れた相手である元彼との関係は、それほど単純ではないでしょう。

たとえ、まだ元彼のことを好きだという気持ちが残っていても、別れの記憶が残っている場合は復縁のハードルがあります。

付き合っていたときの2人、別れ方によって復縁を望むかどうかの判断基準はそれぞれ。

ただ、まだ気持ちの整理がついていない時期に、復縁を望まれた場合は迷いが生まれ、混乱してしまう人もいるでしょう。

そこで、まずは考えをまとめるために、復縁を選択はしないとする基準の代表的な例を挙げていきます。

あなた自身の気持ちに近い方を選んで参考にしてみてください。

別れの原因が解消されていない

別れの原因が解消されていないというのは、復縁をネガティブにとらえる理由として大きなものです。

恋人という関係を終わらせる場合、ただ単に「嫌いになったから」だけなら、そもそも復縁の可能性は最初からないのですから考える必要はありません。

ただ、そう単純ではないのが恋愛というもの。

たとえば、元彼のことはまだ好きだけれど、ここだけは許せないということが理由であった別れの場合。

その部分が解消されていなければ、復縁へ進むことはできないでしょう。

浮気性、お金にだらしがない、酒癖が悪い、暴力を振るう…別れのポイントが気持ちではなく、あなたの心身を傷つけるものであれば、そこは復縁をするかしないかの判断基準として考えなければいけないポイントです。

浮気性の人は魅力的であることが多く、酒癖が悪い、暴力を振るうという人は、普段は穏やかで親密にならなければでない特徴なため、判断がしづらいでしょう。

復縁をしたい元彼は、「もう反省してそんなことはない」というかもしれません。

その言葉に情が動き、復縁へ心が動いてしまう人もいるでしょう。

ただ、あなたの心身を傷つけるような復縁は決してプラスにはならないことは覚えておかなければなりません。

復縁には、付き合っていたころより強い絆と信頼関係が必要です。

別れの原因が解消されていないと少しでも感じたのなら、たとえ元彼への気持ちが残っていたとしても、すぐに復縁を考えず冷静に判断する必要があります。

相手の気持ちがわからない

相手の気持ちがわからないというのも、復縁をするにあたって不安を持つに十分な理由です。

どちらから別れを切り出したかは別にして、復縁をするには理由があるのが普通でしょう。

恋愛は感情優先ですから、理屈が通るものではないかもしれません。

ただ、復縁をする場合には、感情プラス理由は必須です。

そこを無視して、復縁をすると別れと付き合いを繰り返す「腐れ縁」になりかねません。

また都合の良い相手として、セフレ扱いをされる場合も考えておかなければならないでしょう。

元彼が、本当にあなたのことを忘れられず、付き合っていたころよりも大事にする覚悟があるかどうか?

それがわかるまでは、単純に求められているから復縁をするという行動には出ないようにしましょう。

復縁をしたい元彼を傷つけない断り方

元彼に復縁を迫られたとしても、あなた自身がもう過去と割り切っているなら、冷たいようですが気持ちを受け入れる必要はありません。

ただ、同じ断るにしても、できるだけ元彼を傷つけずなおかつあなた自身の気持ちを伝える方法を考えたいところ。

ここでは、復縁したいという元彼を傷つけない断り方を具体的に挙げて解説していきます。

「復縁するのは無理」とキッパリと

断り方として「復縁するのは無理」とキッパリ伝える、これが大前提になります。

冷たく感じるかもしれませんが、まずは気持ちを伝えるのは大切なこと。

復縁をする気はないのに、期待をもたせるのは相手の気持ちを弄ぶ行為になります。

気持ちを伝えたあとにフォローがあればいいのです。

元彼を突き放すのではなく、あくまでも自分の正直な気持ちを理解してもらうことが優先順位の1位だと言い聞かせて断りましょう。

「好きな人がいる」と嘘でも断る

「好きな人がいる」という嘘をついて断るのも有効な手段。

実際にいるかいないかは問題ではなく、突き放すのが苦手な人におすすめの断り方です。

元彼が復縁を求めるのは、実際にやり直したいだけとは限りません。

あなたのことを諦めきれない、そんな気持ちにけじめをつけるために復縁を口にしている場合もあります。

そんな元彼に対しての断り方としては、「好きな人がいる」という言葉はたとえ嘘でも効果的だといえるでしょう。

別れの理由と復縁ができない理由を伝える

別れたときの理由、復縁ができない理由といった具体的な言葉を使うのも断り方としてはアリです。

復縁をしたいといってきた以上、元彼の感情は盛り上がっています。

とくに感性が豊かで感情的な元彼に対しては、別れたときの理由と復縁ができない理由を挙げて言葉としてぶつけるのは効果的。

感情をぶつけてくる元彼の思いが火だとしたら、冷静に事実を並べていく行為は水です。

燃え上がる炎に水を掛けるのは、感情的な心に理性を思い出させる方法。

復縁を求める元彼が視線の外へ置いている「1度別れた2人」という現実を直視させることで、話合いは冷静に進んでいくでしょう。

「自分の問題」を盾に断る

「自分の問題」を盾にする断り方も、復縁の可能性がないことを伝える良い方法です。

元恋人同士とはいえ、2人は他人。

あなた自身の問題を元彼は共有することができません。

「今は恋愛と距離を置きたい」という漠然としたものより、仕事や目標など具体的な言葉を伝えることでより説得力は増していきます。

また、自分の問題で断れば、あなたの世界に元彼はもういないということを間接的に伝えられます。

もちろん大前提として、最初に復縁を断ってからそのあとに自分の問題を伝えることが大切。

この順序は間違えないようにしましょう。

そもそも復縁したいと言わせない

そもそも元彼に復縁を言わせないというのが、もっとも簡単な方法。

連絡を取る、直接会うなどきっかけをあなた自身が与えたことで、元彼は復縁したい気持ちを伝える機会を得たわけです。

そのきっかけを得たことで、元彼は復縁の可能性があると勘違いをしてしまう可能性があります。

つまり、火に油を注ぐ行為なのです。

元彼の気持ちに意欲があれば、きっかけという油はたとえ少量であっても燃え上がらせるに十分。

それを鎮火させるには、あなた自身相当な労力を使うことになります。

もし、まったく復縁をする気がないのなら、元彼にきっかけを与えないことです。

会わない、連絡を取り合わないという行為こそ、暗黙の断り方となります。

復縁をしたいとしつこい元彼の対処法

復縁をしたいとしつこい元彼は、面倒な相手というだけでなくあなた自身に恐怖を与える存在となるでしょう。

「リベンジポルノ」という言葉が社会問題となっているように、元彼がストーカーになるケースは珍しくありません。

ストーカーまで行ってしまうと、どんな断り方をしても効果が出ない可能性が高まります。

もし、断っているにもかかわらず、何度も元彼が復縁を迫ってきたら、ストーカーになる前にハッキリと気持ちを伝えましょう。

そういう元彼に対して、傷つけない断り方という気遣いは必要ありません。

元彼を傷つけないように気を配るより、自分の身を守ることが優先です。

そんな復縁をしたいとしつこい元彼の対処法を紹介します。

2人きりでは会わないようにする

2人きりで会わないようにするというのは、もっとも重要な条件になります。

付き合っていたころは、危うさがなかったとしても、別れた後の元彼がどう変化したかはわかりません。

人はちょっとしたきっかけで変わることがあり、眠っていた性格が顔を出すことがあります。

気持ちが高ぶり、視野が狭くなっていると、どんな性格の人であっても自分の行動を制御できないことがあるのです。

そのクッション役として、友人を同席させるのは、あなた自身を守るための手段だといっていいでしょう。

その場合、男性の友人は連れて行かない方がいいでしょう。

普通に考えれば恐怖を感じる相手に、腕力で勝る男性を連れていくのは有効に思えます。

ただそれは、その場限りのこと。

復縁を願う元彼のなかには希望とともに不安があります。

男性の友人は、その不安を増幅させる危険があるのです。

そうなれば、あなたの身の危険度は高まることになります。

もし連れていくなら、女性の友人にしましょう。

厳しい言葉をいうより、その場を和らげる癒し系の友人がとくにおすすめです。

また時間帯は昼間、周りに人の目があるところを選ぶ方がいいでしょう。

感情的になっている元彼ほど、断り方に工夫が必要になります。

電話やLINEなどすべて変更する

完全に元彼との縁を切りたいなら、電話番号やLINEのIDを完全に変えましょう。

Twitterで元彼だと思える人がいるならブロックもしておくべきです。

とくに電話番号、メールアドレスを消去すれば、LINEの「友だち」の枠からあなたの名前が消えます。

別れた後にすぐ気持ちの整理がついたのなら、早めにしておきましょう。

あなたの名前、メールアドレス、LINEのIDが残っているのは、元彼に希望を与えてしまいます。

言葉で言わなくても、連絡手段を断つのは気持ちを伝えることと意味は同じ…というより効果は強まるといってもいいでしょう。

連絡手段を断つのは、冷たいと思われるのではないか?と思う人がいるかもしれません。

しかし、嫌われるのを避けることが、自分の身を危険にさらす可能性もあるのです。

「警察に相談する」と警告

警察に相談すると警告するのは、抑止力になります。

2人きりで会うのを避けて、それでもしつこく復縁を迫ってくる元彼に対しては、断り方を工夫するより、連絡手段を断つことが重要です。

ただ、それが火に油を注ぐ結果となり、ストーカー行為に発展してしまう可能性もあります。

そうなる前に、第三者を間において「このままであれば、警察に相談する」ということを伝えましょう。

あくまでも間接的にではなく、付き添いを連れて行った上で直接伝えることが大切。

また、感情的な言葉ではなく事務的ともいえるほど、冷静な口調で行った方がいいでしょう。

完全にストーカーになってしまうと、善悪の判断がつかなくなってしまいます。

あるのは、愛と裏に隠れた憎しみだけです。

元彼をそんなストーカーにしてしまう前に、心を冷やす言葉を掛けましょう。

「警察に相談する」というのは、そういう意味ではかなり効果的な言葉であり、断り方になります。

復縁したいと元彼に言われたら

復縁したいと元彼に言われたとき、あなたにもうその気持ちがないなら、ハッキリと気持ちが伝わるような断り方をしなければなりません。

復縁を望む人は、わずかな希望であってもそれを光と感じてしまいます。

別れたとはいえ、元彼に嫌われたくない気持ちがあったとしても、それは避けて通れない道。

良い思い出として残すためにも、ケジメをつける必要があります。

その一見冷たいと思える態度を取ることで、あなた自身が傷つくかもしれません。

元彼があなたにひどい言葉をぶつけてくる可能性もあります。

ひどく嫌われて、辛い思いをする場合も覚悟しておかなければなりません。

ただそれは一時的なことです。

その場限りのやさしさは相手を傷つけるだけでなく、ストーカーに変貌させてしまう可能性があります。

もう終わった関係とあなたの気持ちが整理できていたとしても、復縁を望んでいるということは元彼の中ではピリオドが打てていないのです。

2人の関係をお互い終わらせることができるのは、当人同士だけ。

元彼の気持ちが終わっていないのなら、エンドマークを付けられるのはあなたしかいません。

そんな効果がある断り方、それが最後に見せられるあなたの元彼に対する思いやりです。

最新情報をチェックしよう!
>チャット占い amory

チャット占い amory

「占いで、恋愛をもっと楽しく。」amoryは、恋愛占いに精通した占い師とオンラインチャット上で会話しながら悩みを相談することができる登録完全無料のサービスです。