2回目の復縁は難しい?二回目の復縁を成功させて別れないための方法

  • 2021年5月1日
  • 2021年5月2日
  • 復縁

恋愛のエピソードの中で、出会いよりインパクトが強いのが別れです。
ただ、反省すべき材料がそろっているため、復縁をする可能性は高め。

悪いところがあったから別れたとはいえ、具体的に修正すべき点がわかっているのは、復縁の利点でしょう。
ただ復縁をしたのちに再度別れてしまうと、1度目の復縁より2回目はかなり難しくなります。

それをわかったうえで、「一度復縁はしたものの、また別れてしまった。でも、やっぱり付き合いたい」そんな人たちに、2度目の復縁を叶える方法と別れないために注意すべきことを紹介。

2度目の復縁を成功させ、幸せな日々を送るためのヒントをお届けします。

2回目の復縁が難しいのはなぜ?

復縁は一度別れを経験しているだけに、普通の恋愛よりも乗り越えなければならない壁は多くなります。
それが2回目の復縁ともなれば、よりハードルが高くなるのは当然でしょう。

最初の別れ、復縁しての2回目の別れを同じ人と繰り返せば、お互いに傷つくだけでなく、自分自身を責めることにつながります。復縁をして別れたカップルは、ともにトラウマを抱えているといってもいいでしょう。

たとえ気持ちが残っていても、付き合う上で良いイメージが抱けないのです。

本来恋愛は、心が湧き踊るような出来事なはずが、不安を最初から抱えているというのが、2度目の復縁。相手を思う気持ちが、お互いの持つ不安を上回らなければならないのですから、難しいのは当然でしょう。

2人ともが関係を維持させることに疲れているから

恋人として別れ、復縁をして再び離れた2人にとって、関係を維持するのはかなりの負担になります。お互いのことを知るために探り合いをするのは、恋愛においての楽しみのひとつです。

ただ、復縁から別れを経験している2人が2度目の復縁をしたとしても、その探り合いは楽しさとは程遠いものになるでしょう。別れは心を傷つけるものです。

それを2度同じ相手と経験している場合は、探り合いはネガティブ思考で行われることになります。

「怒らせてはいないか?」
「嫌だけど、これをいったらケンカになる」

相手の喜ぶことを知っているという強みより、トラブルを避けるために言葉を選び、行動するようになります。

これはかなりの疲労を伴うもの。

2度目の復縁を実現する前に、マイナスのイメージをお互いがもってしまうため、踏み込めなくなるのです。

一度目の約束が守られていないから

恋人同士の別れには多かれ少なかれ理由があります。

それを解消する約束で、復縁したにもかかわらず、同じ理由で別れてしまった場合は2回目の復縁は難しくなるでしょう。

1度ならずも2度までとなれば、注意する言葉も出てこなくなります。

我慢をしているため会話も少なくなり、コミュニケーション不足から疑心暗鬼になっていき、結果的には同じ別れ方をする…そんなイメージを抱いていれば、2度目の復縁を叶えようと思えないのは当然のこと。

「三度目の正直」よりも「二度あることは三度ある」方が心の中で優勢になってしまうのです。

相手への不信感が強まっているから

恋愛において信頼関係というのは、重要なものです。
1度目の別れから復縁をする際に「今度こそ」という感情をもったかもしれませんが、100%ではなかったでしょう。

「また同じことを」という不安が混じっているのが、普通の恋愛ではなく復縁です。

恋愛は、自分たちで部屋の壁を幸せな色に塗ることに似ています。
しかし復縁は、1度塗った壁の上に違う色にする行為。

ただ、お互いに探り合いながら塗る壁は、完璧に以前の色を覆いつくせず、元の色が見えてしまいやすいのです。その元の色こそ、1度目の別れ。
2回目の復縁ともなれば、より丁寧に壁を塗らなければなりません。

壁を塗るための肉体的な疲労は、2回目の復縁の心の疲れと同じもの。

それが簡単に想像できるため、2回目の復縁は気持ちがあっても、なかなか踏み込めないのです。

2回目の別れを引き起こした原因を知ろう

2回目の復縁を叶えたいと思うなら、過去から目を逸らしてはいけません。

たとえ、自分にとっては辛いことであっても、受け止める覚悟が必要なのです。

お互いの好きだという気持ちを確認するだけでは、2回目の復縁は上手くいく可能性は低め。
想いにプラスして反省をしなければなりません。

その反省をするために、過去の現実と向き合い原因をお互いに探っていかなければならないのです。

そもそもの別れた原因を解決できていなかった

そもそもの別れた原因を解決できていなかったというのは、復縁が再度の別れにつながる理由としてもっとも多いものだといっていいでしょう。

浮気や金銭問題などは、現実的なもので見た目にわかりやすく、解決しているかどうかを把握しやすいかもしれませんが、別れの理由が精神的な部分の場合は直されているかどうかはなかなか見えてきません。

もちろん復縁をしようと決める際には「もう2度と」と思っているはずですが、自分で気づいていないこともあります。

サポートできる理由であればいいのですが、自分自身でも気づいていないところは直せません。

スマホアプリのアップデートが良いものになるとは限らないように、自分自身は成長したと思っても、それが相手にとって修正してほしかったところとは限らないのが、恋愛だけでなく人間関係の難しいところです。

2回目の修正も望んだものとは限りません。

一人の寂しさで復縁をしてしまった

ひとりの寂しさで復縁をしてしまったというのもよくあるケースです。いわゆる「腐れ縁」とも呼ばれます。

ひとつの恋愛が終わり、夢中になれるものがあればいいのですが、ただ同じことの繰り返しの日々となれば、だれでも空しくなるでしょう。そんなときに、タイミングよく元彼が現れれば、好きという気持ちよりも寂しさが優先してしまうのも仕方ありません。

ただ寂しさを埋めてくれたはずの元彼も、復縁をすれば現実です。

やがて心が癒えて冷静になったとき、「好きなのではなく、寂しかっただけだ」と気づくことになるでしょう。

2人の心をつないでいたのが寂しさであれば、それがなくなったと同時に相手を必要としなくなるのは必然です。寂しさを埋めるために、復縁を求めた元彼の気持ちへの依存心が招く失敗だといえるでしょう。

別れた直後に復縁した

別れた直後に復縁をしたケースも「腐れ縁」に近いものがあるでしょう。

冷静に話し合った別れではなく、どちらか一方から切り出された場合は感情に種火が残っていることが多くあります。振られた方はもちろん、別れを切り出した人も100%「別れて良かった」と思っていない場合は小さなきっかけで元に戻りやすいのです。

ただこれは、愛情ではなく未練や執着。

根本的な原因が解消されないまま復縁をしているため、同じ理由で別れてしまいがちです。

2回目の復縁を叶えるには?

2回目の復縁を叶えるには、過去と向き合う必要があります。

まず、元彼との最初の出会いから思い出していきましょう。

出会い、惹かれ合って付き合うようになり、1回目の別れを経験したあと復縁。
再び別れた今の状態まで、思い出していくのです。

ひとりで思い出していると、自分に都合の悪いところを避けてしまいそうですが、辛くても向き合いましょう。
元彼との過去を振り返ることで、自分の気持ちに整理がつき、2回目の復縁を本当に望んでいるのかの確認にもなります。

同じ過ちを繰り返さないように、寂しさや未練で元彼を利用するのではなく、もう一度やり直したいという覚悟が見えて来たら、実際に復縁へ向けての行動を開始しましょう

今まで以上の冷却期間を設ける

元彼との2回目の復縁を考えているなら、1度目よりも長い冷却期間を設けるようにしましょう。
あなた自身は過去を振り返り、もう一度元彼と付き合いたいという気持ちを確認したとしても、元彼の想いはまだつかめません。

急いで行動を起こすことで、元彼が寂しさを埋めるためにそのつもりはなくても、あなたを利用してしまう可能性があります。そうなれば、結果傷が増えていくだけになることは確実。

自分だけでなく、元彼にも冷静になる時間を持たせてあげましょう。

お互いに新鮮さを感じるぐらい、最低半年は冷却期間を置き、慌てずに進めることが成功の秘訣です。

1回目の復縁で別れた理由を整理する

1回目の復縁で別れた理由を整理するのも大切なことです。
別れる原因となった大きな理由は気づけても、それは最終的な決断をさせる出来事でしかありません。

それまでに積み重なった不満や不安が、別れの以前にあると考え、楽しかったことより辛い時間を思い出してみましょう。ただ、頭に浮かべるだけでなく、2人の年表を作るようにパソコンやスマホに打ち込んでみるのも整理しやすくなるのでおすすめです。

1回目よりもしっかりと復縁の計画をたてる

実際にアプローチを開始するにあたって、しっかりと計画を立てるのも重要です。あらためて言う必要はないかもしれませんが、2人は2度の別れを経験しています。

恋人となった瞬間、先に見えるのは幸福な未来ですが、別れの先にあるのはたいていの場合は辛い日々。

あなた自身は気持ちの整理をつけ、時期を見て復縁を望んだとしても、たとえまだ元彼が気持ちを残していたとしても、警戒心を持つのは当然です。ただ気持ちをぶつけるだけでは、元彼の気持ちを動かし2回目の復縁を実現することは難しいでしょう。

まったく思いつかないようなアプローチや、元彼があなたの変化を感じるようなきっかけが必要です。

告白の仕方はもちろん、以前とは違う魅力を作り出しておくのも大切なこと。出会った当初の新鮮さは、2回の別れを経験しているだけにもたせるのは難しいですが、変化することによってあなたに対してのイメージを変えることはできます。

その行動を起こすことによって、冷却期間は過去と向き合うだけでなく、新たな自分を作り出すためにも必要だと気づけるでしょう。このようなポジティブ思考は2回目の復縁を成功に導く上で、背中を押してくれる自信になります。

復縁は2回目まで!3回目を招かないためには?

復縁は回数を重ねる毎に確率が下がっていきます。その低い確率の2回目の復縁を成功させたなら、もう別れは繰り返したくないのは当然です。

別れないためにはどうすればいいか?

そのためのヒントをここでは紹介していきます。

別れることへの意識を変える

別れることへの意識を変えるのは、ひとつのアイデアです。

2回別れを経験している2人にとって、もっとも怖いのは言うまでもありません。ただ「別れたくない」という気持ちばかりを意識していると、2人の間にはぎこちない空気が流れてしまうでしょう。それがコミュニケーション不足を招き、距離を感じさせることにつながっていきます。

大切なのはいい意味での開き直りです。

「うまく2回目の復縁を叶えたのだから、これで別れたら縁がなかったんだ」ぐらいに考えておきましょう。

遠慮や怯えは、恋愛に置いてプラスに働くことはありません。

もし、大喧嘩をしたとしても、すぐに別れという切り札を選ぶのではなく、少し距離を置いてみることで別れの代用をさせる方法もあります。

距離を置くという選択肢を、2回目の復縁をする前に2人で作っておけば、お互いにリラックスした気分で付き合うことができるでしょう。

別れた原因を解消し、再発させない

別れた原因を解消し、再発させないことは当然ですが、最重要課題です。

2回の別れを経験している2人ですから、もう2度と同じことを繰り返したくないという思いは持っているでしょう。
また、恋人として2回の別れを経ても、再び付き合うことを選んだ2人は、今いる環境の中でお互いをもっとも理解していると考えてもいるはずです。

では別れてしまったのはなぜでしょう。

それは、相手のことをわかっていても、自分自身がどう見えているかに気づけていなかったからです。

2回目の復縁ができたのなら、元彼に直してほしいところ、あなたが持たれている不安をしっかり話し合っておきましょう。その話し合いは、お互いに欠点を指摘されるのですから、気分は悪いかもしれません。

とはいえ、もっとも2人が避けたいのは再度の別れです。

別れを繰り返さず、2回目の復縁こそ幸せな日々にしたいと思うなら、一時的な嫌な気分を味わうのは我慢しましょう。2人が不満や不安をさらけ出したことによって、それでも2回目の復縁をするのはなぜかが見えてくるというポジティブ要素もあります。

マイナスとマイナスを掛ければプラスになると、だれもが算数で習ったはずです。その計算式は人間関係、恋人同士にも当てはまります。

嫌なところはあるけれど、それを上回る好きという気持ちが確認できる話し合いです。別れに対する遠慮や怯えを、小さくできる効果も期待できます。

過去を活かして2回目の復縁をより幸せな日々に

2回目の復縁を叶えるには、元彼にすべての原因をぶつけるのではなく、自分自身も反省しなければなりません。忘れたい過去、見たくない自分の欠点と向き合わなければならないでしょう。

そんな心に負担を掛けてでも、2回目の復縁を望むのは、元彼への気持ちの強さ以外考えられません。

それでも、元彼が同じ気持ちでいるとは限らないと不安を持つことでしょう。過去の過ちや欠点と向き合えば、自信がなくなるのは当然です。2回の別れを経験していれば、あなただけでなく元彼も不安を感じているでしょう。

ただそれはネガティブ要素ばかりではないのです。

お互いの欠点をもっとも理解している2人は、修正すべき欠点にも気付いています。

一度折れた、切れたところは補修をすると、強くなるそうです。2度の別れを経験し、2回目の復縁に成功したのなら、その時点で2人の間には強固な絆が生まれていることでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>チャット占い amory

チャット占い amory

「占いで、恋愛をもっと楽しく。」amoryは、恋愛占いに精通した占い師とオンラインチャット上で会話しながら悩みを相談することができる登録完全無料のサービスです。